スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
大地の芸術祭 まつだい農舞台~キナーレ
越後妻有トリエンナーレの続きです


IMG_9676.jpg
松之山から15分ほど車で走り松代(まつだい)へと向かいました
まつだい雪国農耕文化村センター『農舞台』に到着です
何から見ようかしら…と考えていたら地元のおじいさんが
一枚のパンフレットを見せてくれました



IMG_9683.jpg
そのパンフレットの風景が見える場所に立ちました
棚田と農作業をする人々の彫刻…そして窓に刻まれた詩がひとつの作品となっています
「4月雪の消えた田んぼに馬と人が今年の稲の種の植え付け準備を始める
水田が光に満ちると苗が植えつけられ、やがて太陽の下ぐんぐんと稲は雑草とともに生い茂る
農夫は玉のような汗をかきながら稲を守り…ようやく鎌をふるい重い束を荷う実りの秋…」

そんな伝統的な稲作の光景を詠う詩がいきいきと風景に解け込んでいます
今はこの地方の手作業の棚田の担い手も少なくなってしまったようです



IMG_9684.jpg
農舞台内にある幻想的な囲炉裏部屋です
1001個の孔から差し込む光はアラビアンナイトの『千夜一夜物語』にちなんでいるのだとか…
夜毎、囲炉裏を囲む人々の語らいが聞こえてきそうです



IMG_9679.jpg IMG_9686.jpg
IMG_9691.jpg IMG_9693.jpg
松本ではおなじみの草間弥生の鮮やかな花が人々を出迎えていました
冬は雪に埋もれてしまうのかな



IMG_9700.jpg
次は十日町中心部にある越後妻有交流館『キナーレ』に行きました
十日町は古くは織物の里です
館内には「きもの歴史館」「着付け体験工房館」などがありました



IMG_9695.jpg IMG_9698.jpg
トリエンナーレ期間中は様々なイベントやワークショップがあり
子供や付近の人も訪れているようです


IMG_971107.jpg
木材のユニットが水と光により様々な表情をみせています
このシンプルな木枠のユニットが日々様々に変化して
無限に住空間を創造しています

キナーレには「明石の湯」という日帰り温泉施設もあり
その温泉にも《空の水》という作品があるそうです

十日町まで往復6時間の道のりでした
たった1日でしたが少しでも作品に触れることができてよかったです
過疎になりゆく村…
かけがえのない大切な風景を心に残す芸術祭でした

ポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
↑参加中です
スポンサーサイト
[2009/09/06 06:30 ] | おでかけ散歩(カフェ・旅・など) | コメント(0) | トラックバック(0)
<<清津峡渓谷 | ホーム | 大地の芸術祭~キョロロ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。