スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
双子岳から双子池へ
10月12日(月)jは北八ヶ岳方面を歩いてきました

IMG_1543.jpg
蓼科スカイラインから冬季閉鎖の夢ノ平林道を進み大河原ヒュッテをめざします
途中紅葉スポットがあり多くのアマチュアカメラマンが来ていました



IMG_1544.jpg
登山口はすでに標高2,080m、ここから先ず双子山へと向かいます



IMG_1552.jpg
登り始めの道ですが霜が降りていました
乗鞍もそうでしたが山は冬装備に切り替えないとですね


IMG_1559.jpg
大河原ヒュッテの駐車場から30分ほどで双子山(2,224m)山頂です



IMG_1564.jpg
視界が広がり気持ちよい登山道が続きます


IMG_1565.jpg
荒船山、妙義山方面が見えています



IMG_1551.jpg
そして遠く初冠雪をしたばかりの北アルプス方面が見えました




IMG_1566.jpg
双子池方面への分岐点です



s-IMG_1567.jpg
ここからは下りでしばらくは笹原が続きます



s-IMG_1568.jpg
そして針葉樹林帯の道を双子山から30分ほど下ると


s-IMG_1575.jpg
双子池に到着です
最初に見えるのが双子池の雌池です



s-IMG_1591.jpg
少し離れた双子池ヒュッテの脇には雄池があります



IMG_159611.jpg
この二つの池を総称して双子池というのですが
両池とも水がとてもきれいで雄池の方はヒュッテの飲用水にしているようでした


P1070108.jpg
しばらく池を眺めた後「大岳(2,382m)」に向かいました
ここからはずっと岩塊の道が続きます



P1070109.jpg
そしてはしごも何箇所かありました
まだまだこういった道がしばらく続きそうです
今回は天狗ノ露地(2,150メートル)まで行き双子池に引き返します
まぁ昨日も山歩きしたからムリしないことにしたのでした^^;
のんびり池の畔でランチにしました



s-IMG_1604.jpg
そしてふたたび雌池を巡ります
わずかなななかまどの赤が池に映えていました



s-IMG_1634.jpg
雌池にはキャンプ場もありました
静かでなかなかよさそうな場所です


s-IMG_1618.jpg
次は原生林を抜け亀甲池へと歩くことにしました



s-IMG_1609.jpg
苔に覆われた世界が神秘的です



s-IMG_1612.jpg
わずかに差し込む光



s-IMG_1631.jpg
そして苔の花?



s-IMG_1625.jpg
30分ほどで亀甲池に到着です
池が亀甲の形に見えるのかと思ったのですが
どうやら近くに亀甲の形の岩があり池の名の由来になったようです
その岩が分からずちょっと残念でした
亀甲池から北横岳へ向かう道がありましたが
再び双子池に引き返して帰りました
麦草峠より白駒池を過ぎて来ている人や
ロープウェイで北横岳から来ている人などが訪れていましたが
北八ヶ岳のはずれの静かな山歩きを楽しむことができました

松本の自宅を8:00AM発、そして大河原ヒュッテの登山口発10:00AM
大河原峠駐車場→(30分)→双子山(2,224m)→(30分)→双子池→(30分)
→天狗ノ露地→(20分)→双子池→(30分)→亀甲池→(25分)→双子池
→(40分)→双子山→(20分)→大河原峠駐車場15:30着

八ヶ岳連峰1
信号待ちの時見えた八ヶ岳連峰です(^^)v

ポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
↑参加中です



スポンサーサイト
[2009/10/17 06:50 ] | 山歩き日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<あがたの森クラフトフェア | ホーム | 散歩途中の猫さん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。