スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
唐鳥屋城山に登りました♪
週間天気予報では晴れマークの週末でしたが
日曜日もいまいち曇りがちです

安曇野の雨引山に登ろうということになりでかけました
ところが東の山は山頂に雲がかかりちょっと不安な様子…

なので行き先を変えて西方向の筑北の「唐鳥屋城山(からとやじょうやま)
1,079m」に向かいました



P1070548.jpg P1070549.jpg
四賀の会田宿から案内板に従って旧善光寺街道方面に向かうと二又分岐があり
右へ進むと岩井堂の駐車場があります

ここから先も登山口付近まで車で進む事ができますが一先ず駐車して歩き出しました
なんと登山者の車が6台ほど並んでいます
あら、意外と人気の山なんだわ~

後で分かったのですがここには以前登った虚空蔵山への登山口もあり
ほとんどはそちらに向ったようです


P1070552.jpg
駐車場から10分ほどで「うつつの清水」があります
現在は枯れてしまっていますが付近は岩井沢の心地よい流れが聞こえます



P1070559.jpg
更に5分ほどで立峠登山口前の馬頭観音があります



P1070561.jpg
善光寺に向う旅の安全をここで祈願したのでしょう




P1070563.jpg
貯水池横から山道に入ります
当時は馬も一緒に進んだのでしょうね


P1070565.jpg
けっこうきつい坂が続きます
赤松の林ですが随分と伐採されて幹が横倒しになっていました


P1070568.jpg P1070571.jpg
二つ岩です
ここまでくれば峠はすぐです
きのこをみつけました…見るからに毒きのこ!?


P1070574.jpg
そして見晴らしのよい「立峠」に到着です



P1070577.jpg
当時茶店が3軒ほど並んでいたそうです
峠に立ち筑北から更に善光寺方面に思いを馳せた旅人が偲ばれます

松尾芭蕉もこの道を通ったのだとか(隊長談)



P1070585.jpg P1070587.jpg
のんびり休んだ後はいよいよ「唐鳥屋城山」へ向います
鉄塔がありますがここから先はところどころ雪が残っていました

歩いていると汗ばむほどですが頬に当たる風はけっこう冷たいです



P1070598.jpg
立峠からの細い尾根道を20分ほどで山頂に到着です
昔お城がここにあったとは信じがたいほどの面積です


P1070602.jpg
でも見晴らしは抜群!!



P1070599.jpg
虚空蔵山が正面に見えます



P107060011.jpg
そしてわかりますか~?
尾根道の真ん中に数人の登山者を発見!!
この時期、里山は人気なんですよね"^_^"


P1070612.jpg
下山後信濃三十三番札所のうち二十番の
「岩井堂」に立ち寄りました


P1070617.jpg
周辺は石仏群が多く大きな岩にお地蔵様などを刻んだ磨崖仏もあります



P1070620.jpg

P1070621.jpg P1070623.jpg
のんびり石仏を眺めながら散策しました


P1070628.jpg
露岩断層から見た虚空蔵山です
帰りに看板をみかけた「ほそばら」というお蕎麦屋さんに立ち寄ったのですが
予約が必要ということでお蕎麦をいただけず残念!!

登山口駐車場(岩井堂前)10:20→うつつの清水10:30→馬頭観音10:35
→立峠11:00→唐鳥屋城山頂11:20
下山は30分ほどでした
お手軽で見所満載なのでおススメコースです♪

ポチッとよろしくお願いします☆
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
↑参加中です
スポンサーサイト
[2009/12/15 06:07 ] | 徒然 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<編み犬たち | ホーム | インドアスポーツ♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。